ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> ツアコンとして働く

ツアコンとして働く

海外ツアーコンダクターの仕事を始めるには、自分が働きたい会社をまず選びましょう!


添乗員派遣会社を決める

海外添乗員になるためには、自分が働きたい会社を選び、面接に行くのが一般的です。

会社を選ぶ前に資格を先に取ってしまう人もいらっしゃいますが、要注意! 資格を先に取った人材は、添乗員の会社にとって不都合な場合があるんです!!!

なぜ不都合かというと、会社によって、ツアコン資格を取るための研修機関が違うからです。研修機関は、(社)日本添乗サービス協会、スクール系研修、自社研修など、たくさんあります。

もし自分が、会社の指定する所とは違う機関で資格を取っていたら...問題発生!! (会社側では)ちょっとした外様扱いです。

それぞれの会社には、新人を育てる独自の課程があります。その課程に沿っていない人は、何かと煙たがられてしまうんです(例えば「新人はまず国内添乗員の資格から」という方針の会社で、海外資格を既に取ってしまっている場合など)。

せっかく海外添乗員の資格を取ったのに海外へ行かせてもらえなかったり、社内の研修を再度受けることになって余計な出費がかさんだり、なんてことも起こってしまいます。

所属会社が無いと、ツアコンとして働けない

また、ツアーコンダクターのライセンスは、所属会社の登録が無いと発行されません。フリーの添乗員というのは存在しないんですね。添乗員業界では常識なのですが、あまり知られていません。

つまり資格を取っても、会社に採用されなければツアコンとして働けないということです。採用してくれる会社が見つからない場合、努力は水の泡です。

研修機関から、関連する会社を紹介してもらう方法もありますが、自分の将来は自分で選びたいですよね!!

面接時に確認すること

実際に海外添乗員の仕事をさせて貰えるか、必ず確認しましょう。新人がどれぐらいの期間で海外添乗できるのか、具体的に質問すると良いと思います。

海外旅行ブームでも起こらない限り、添乗員付きツアーの数は急に増えません。ツアコンは、経験さえあれば年を取っても続けられる専門職。ベテラン添乗員の方達が多く在籍する会社だと、新人には海外添乗のチャンスが少ない場合もあります。

後悔しないように、自分の希望はしっかり伝えておきましょう。

ツアコンの資格を先に取った場合

所属会社を決めずに資格を取得した場合は、訓練校などで紹介された派遣会社から選ぶことが多いです。

「正社員」や「海外添乗」など希望がはっきりしている人は、添乗員を募集している会社の中から、条件に合った会社に連絡した方が良いと思います。ツアコンの求人が出る時期は会社によって異なりますが、求人は無くても、説明会などは常時行っている会社もあります。

説明会や面接の際は、資格を持っていることを正直に伝えた方が良いです。海外実地研修がまだであれば、海外研修は会社が指定する研修に参加する旨を、伝えた方が良いでしょう。

海外添乗員として働くためには、国内添乗員とは別の規定(国内添乗の経験や語学試験)を設けている会社もあります。説明会のときに、チェック必須です!!


ツアコンとして働くツアコンとして働く」の関連ブログ記事

添乗員旅ブログに参加してみませんか??


ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> ツアコンとして働く