ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> アジア >> スリランカのペラヘラ祭

スリランカのペラヘラ祭

年に一度キャンディで行われる「キャンディ ペラヘラ祭」に行ってきました。

ペラヘラとは「行列・行進」という意味で7月の新月から満月に至る約2週間のイベントで、仏歯を乗せた象たちが練り歩くお祭りです。

スリランカのペラヘラ祭りペラヘラの構成は鞭打ち、旗持ち、土佐役人、太鼓叩き、象舎の長、踊り子、副在家総代、仏歯の像、在家総代、キャンディダンス、各神殿の象、各々の神殿の総代、輿となっています。

私たちは混雑を避ける為に、必要な物は全て買い込み、用も済ませ、開始の約2時間前から席にスタンバイ。

待っている間には(私たちの席が偶然その場に当ったのか)、観客を飽きさせないようにと、トラックから「サンドイッチ」や「ジュース」が次々と投げられ、既に盛り上がりを見せていました。

ペラヘラ祭は18時半頃始まりますが、私たちが見ている席にやってきたのは、それから2時間後の20時半・・・。

それから終わるまで席から離れないんだから相当な拘束時間-o-;

それでも年に1回のお祭りとだけあって、皆お行儀良く始まるのを待っていました。

100頭のゾウさんが練り歩くと聞いていたので、一気に100頭の象が歩くのかと思いきや、2頭歩いてきて踊り子、また2頭来て踊り子・・・・の繰り返しでした。どうやら"最終的には100頭程の象が練り歩く"という意味だったみたいです。

日本では象を道端で見ることは無いので、間近で見れたことにも感動しましたが、下で見ていた現地の方が仏歯を背中に乗せた象が現れた時に、皆、手を合わせて拝んでいる姿には宗教心を大切にしていると言う事を感じ、感動しました。

キャンディ以外でもこのペラヘラ祭は行われているみたいなので、他の地のも見てみたいなと思いました。

機会があったらプライベートでまた観賞しに来たいです!!

特派添乗員:豆 (2010年11月)

スリランカのペラヘラ祭スリランカ旅行」の関連ブログ記事

バングラデシュと日本
フロム鉄道・ヒョース滝の妖精
スリランカのスコール


ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> アジア >> スリランカのペラヘラ祭