ブハラのハサミ

中央アジア・ウズベキスタンへいってきました。

首都タシケントから中世の迷宮城塞ヒヴァ(世界遺産)、そしてウルゲンチから砂漠に浮かぶ大商業古代都市ブハラ(こちらも世界遺産)へ国内線で約1時間。

陸路8時間ほどかかるキジルクム砂漠を今回飛行機でひとっとびです!

ブハラのハサミ

写真はタキ(バザール)で有名なコウノトリをモチーフにした手作りハサミ(通称:ブハラバサミ)。性能を重視されて作られていて切れ味もグッドです!なんと紀元前5世紀から作られているとか!

オス、メス、ベビーと大きさの種類があるので用途に合わせてお土産にオススメです♪ブハラでしか買えないので要チェック!

ティムールの故郷シャフリサーブス、青きオアシスの都サマルカンドを周り特急列車"シャルク号"に乗ってタシケントへ戻ってきました。

今の時期、気候は丁度良くまさにベストシーズン。又行きたいと思わせる国の1つです♪

特派添乗員:あやや (2011年10月)

ブハラのハサミウズベキスタン旅行」の関連ブログ記事

ヒヴァのミナレット「ババ塔」
サマルカンドのワイナリー
ウズベキスタンの天気予報