ロマンティック街道

雪のメルヘン、ロマンティック街道:

ロマンティック街道‥なんて素敵な響き!

>ドイツを代表する街道のひとつで、彫刻家リーメンシュナイダー縁のヴェルツブルクから、狂王ルートヴィヒ二世の夢の城、ノイシュバンシュタイン城の近くフュッセンまで続く、中世の雰囲気を今に伝える町が点在しています。

ドイツの冬は長く寒く、快適に観光をするなら夏ですが、個人的に好きなのは冬‥雪が降った日には最高です!

まさにお伽話のような世界、グリム童話の登場人物に自分もなったかのような不思議な錯覚。

雪に覆われたノイシュバンシュタイン城も、謎の死を遂げた王の、無念と‥そして彼の愛した幻想の世界をみているかのよう。

ロマンティック街道冬は冬でも特にお勧めなのはクリスマス前のアドベント。

街中は煌びやかな装飾がなされ華やかで、広場ではクリスマスマーケットが!

寒いけれど、人々はおしゃべりやソーセージ、グリューワイン(ホットワイン)で心も体もポカポカに。

グリューワインのカップは町や年ごとにデザインが違ったりするので、持ち帰れば素敵なお土産になります。

毎年、この時期が特に楽しみな私です。

特派添乗員:宝生美歌 (2011年4月)

ロマンティック街道ドイツ旅行」の関連ブログ記事

ワールドカップ南アフリカ大会
ノイシュバンシュタイン城
ドレスデンとライプツィヒの...