ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> ヨーロッパ >> アンネ・フランクの家

アンネ・フランクの家

小学生の頃、見たい映画が時間あわず、時間の調度よかった「シンドラーのリスト」(ユダヤ人のアウシュビッツ収容所の様子を生々しく、描いた映画)を簡単な気持ちで父と見た。

小学生だった、私には、衝撃的すぎる映画だった・・・・・・

アンネ・フランクの家その頃、今ではユネスコの世界記憶遺産に登録されている「アンネの日記」にもはまり、いつかアンネの隠れ家を生で見てみたいと思っていた。

今回、ギリシャ帰りにトランジットで9時間アムステルダム時間があったので、アンネの隠れ家(写真)を訪ねてみた。

今、外観は博物館になってるので、当時の家並を外見からみる事はできないが、あの有名な隠れ家の扉となる、本棚など、中の物は当時のまま!!!

たった70年前に、ただユダヤ人だからという理由で無差別に多くの人が殺された。

そして幼いアンネも、ユダヤ人だからという理由で、ナチスにおびえながら、この隠れ家にひっそり生活していた。

想像を絶する苦悩だったと思う。

次回は、意見はそれぞれだと思うけど、負の世界遺産「アウシュビッツ強制収容所」に足を運んでみたい。

特派添乗員:♪ベル♪ (2011年6月)

アンネ・フランクの家オランダ旅行」の関連ブログ記事

イタリア語!!
添乗員旅ブログに参加してみませんか??
【カナダ特集】ナイアガラのライトアップ


ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> ヨーロッパ >> アンネ・フランクの家