ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> ヨーロッパ >> ロマンチック街道の看板

ロマンチック街道の看板

半年振りのドイツ。こも姉が大好きな国です。

ドイツと言えばロマンチック街道が王道ですが、今回は北ドイツまで周遊する充実コースに行ってまいりました。

ロマンチック街道の看板前半は南ドイツの周遊。今回、ドライバーさんはとっても良い人で、普段は渋滞の原因になるから絶対に止まってくれないロマンチック街道の看板で写真ストップ。

ドイツ語と英語ではなくドイツ語と日本語で書かれているのです。日本人の観光客の多さが分かりますよね!

そして楽しみのベルリン。世界の歴史の中でベルリンの壁の崩壊は記憶に新しいものです。

今は完全に観光地となっている場所ですが、実際に壁が残っているのは僅かなんです。ベルリンの象徴「ブランデンブルク門」から徒歩で観光しますが、歩いていと、たまに壁の跡を道路上に見ることが出来ます。

そして今も残るベルリンの壁。

ここは元々ゲシュタポなどの本部があったところなんですが、何の因果関係もないのに、目の前にベルリンの壁が置かれたのは偶然とは言え皮肉な感じが否めません。

やはり戦争加害者というイメージの強いドイツですので、重い気分にはなりますが、一回は訪れるべきところだと思います。

特派添乗員:こも姉 (2011年10月)

ロマンチック街道の看板ドイツ旅行」の関連ブログ記事

サイゴン大教会
カリブ海クルーズ
ケルン大聖堂


ツアコン.jpホームツアーコンダクター.jp >> 添乗員の旅行ブログ >> ヨーロッパ >> ロマンチック街道の看板