セゴビアの世界遺産

最近のツアーではあまり訪れなくなったマドリッド郊外の世界遺産巡り。

どんよりした空が一番似合うという自然の要塞トレドも素敵なところだが、ローマの水道橋がいい保存状態で残るセゴビア、城壁の街・石の街・聖テレサの街アビラは想像以上に趣のある街で訪れる価値のあるところ。

セゴビアの世界遺産セゴビアは、1985年に「セゴビア旧市街と水道橋」としてユネスコ世界遺産に登録。ローマの水道橋(写真)の他、ディズニー白雪姫のお城のモデルになったアルカサル・セゴビア城がある。

お城から見える景色がなんとも言えぬ風情があり、また、この秋の黄葉が色を添え、お姫様にでもなったような気分にさせられた。

アビラは街がぐるりと城壁で囲まれている特異な姿が印象的。一歩城壁内に足を踏み入れてみると、中世の世界にタイムスリップしたような気分になる。

標高1300m、石の街でもあるため、一段と寒さを呼ぶ。

ちょうど夕日に照らされる城壁が美しかった。

フラメンコや闘牛など「情熱のスペイン」とはまた違うスペインの一面が見られる街である。

特派添乗員:Peanuts (2011年10月)

セゴビアの世界遺産スペイン旅行」の関連ブログ記事

バルセロナは全裸OK???
バルセロナ・グエル公園
サンモリッツ湖